COPD 慢性閉塞性肺疾患 | 葛飾区の呼吸器内科

久保島医院

〒124-0001
東京都葛飾区小菅2-25-10

お問い合わせ・受診予約 03-3690-2746

COPD 慢性閉塞性肺疾患

COPDとは?

Chronic Obstructive Pulmonary Disease(慢性閉塞性肺疾患)
別名:タバコ病

画像

現在世界の死亡原因の第4位、そして今後さらに増え続け、2020年には全世界の死亡原因第3位になることが予想されています。(NICE Study:Nippon COPD Epidemiology Study 2001年)
日本においてもCOPD患者数は530万人以上いると考えられており、喫煙との因果関係が強く発症する患者の90%が喫煙者と言われています。
COPDは空気の通り道である気管支や、気管支の先にある酸素を取り込むための肺胞に治りにくい炎症を生じる疾患です。この疾患は、肺への空気の出入りが悪くなり、呼吸困難を引き起こします。

COPDの主な症状

COPDは重症の呼吸器疾患でありながら、ありふれた症状が特徴です。
「息切れ」「咳」「痰」といった、日常的なありふれた症状がみられます。
また、病態がゆっくりと進行し改善されません。

これらの症状は年齢や喫煙のせいにされてしまい、なかなかCOPDとは気づかれないのです。

次の5つの質問で、COPDのチェックをしてください。

  • あなたは40歳以上ですか?
  • あなたは現在タバコを吸っていますか?あるいは吸っていましたか?
  • あなたは同年代の人に比べ息切れし易いですか?
  • あなたは1日に何度も咳をしますか?
  • あなたは1日に何度も痰が出ますか?

以上の質問で3つ以上『はい』と答えられた方は、できるだけ早くCOPDの検査を受けるようにしてください。

COPDの原因とは

画像

COPDの原因は色々ありますが、最も重大な要因は喫煙です。

タバコを吸わない人が、周りの人が吸ったタバコの煙を吸わされる『受動喫煙』も含みます。
COPD患者の約90%が、受動喫煙も含んだ喫煙者で、喫煙以外の発病因子として、「大気汚染」「職業環境(粉塵や化学物質等の有害物質を吸入する可能性)」「遺伝」もあります。

主な原因となるタバコは、肺・気管支などが特に影響を受けやすく、関わりの深い病気はCOPDを含め沢山あります。
また、煙に含まれるタバコの有害物質による刺激で気管支が収縮したり粘膜からの分泌物がふえて喘息(ぜんそく)なども引き起こしやすくなります。

COPDの検査

COPDは徐々に進行し重症化する疾患です。早めの発見、そして治療を始める事が大切です。
COPDは問診・身体所見と簡単な検査で診断できます。

スパイロ検査

スパイロ検査は簡単な肺の検査で、誰でもすぐに行うことができ、痛みもありません。
スパイロメータと呼ばれる機械を使用して、患者さんの口元から出入りする空気の量や早さを測定し、肺の機能を調べる簡単な検査です。
患者さんは息が漏れないように鼻をノーズクリップで留め、マウスピースをしっかりくわえ、医師の指示に従って呼吸を行っていただきます。

COPDの治療

画像

タバコを吸っている方がまず取り組むべき事は禁煙です。
禁煙は最も重要で効果的な治療法です。疾患の進行を遅らせ、重症化を防ぐ事ができます。
本数を減らすだけではダメです。完全にタバコと縁を切る必要があります。

禁煙を成功させる為の工夫

  • タバコや灰皿を身近に置かない
  • 吸いたくなったら気を紛らす
  • アルコール・コーヒーなど、喫煙のきっかけになる事を避ける
  • ガムや禁煙パイプなど、喫煙の代わりにする事を決めておく
  • ニコチン依存、意思の弱い人は、医師の助けを借りる

ニコチンガム、ニコチンパッチなど、医師の指導より徐々に離脱を図る禁煙プログラムに参加するなどをお勧めします。

薬物療法
現在のところCOPDを根本的に治せる薬はありません。しかし、苦しい症状を軽減させる事はできます。気管支を拡張させる薬などを用いて苦しい症状を緩和します。
在宅酸素療法
呼吸不全が進んできたら持続的に酸素補給を行います。1日20時間以上持続して酸素を吸入する方法です。呼吸が十分にできないままだと心臓が酸素不足になり、十分働かなくなる心不全が起こってしまいます。携帯型ボンベを使えば遠出も出来ます。活動的になることで肺の病気を心身の面から防止する効果にも期待できそうです。
外的療法
重症例の治療法として肺の手術があります。だめになっている肺の部分を切り取って、残っている健康な肺の部分をより十分に働かせようとするもので、日本でも行われています。 色々な治療法がありますので、主治医としっかり話し合いましょう。

進行を防ぐには

禁煙療法
タバコを吸い続けると肺や気管支がよりひどく障害を受け、COPDがますます悪化します。COPDの治療を受けるためにはまず禁煙をする事が前提です。
食事療法
息が苦しく食欲不振におちいってしまう方が多いのも肺の病気の特徴です。しかし痩せてしまうと病気の治療効果も思うように得られません。十分な栄養を摂るように心がけましょう。
環境を整える
風邪を契機に呼吸器の病気が重症化する場合がありますので手洗い・うがいなどの風邪対策やインフルエンザ予防接種を受けるようにしましょう。
適度な運動
少しずつでも運動できるような状態にするのが良いです。自分で行動を制限しすぎず、少しでも体を動かすのが良いでしょう。
呼吸法の訓練
呼吸筋をリラックスさせる【呼吸訓練】
腹式呼吸【口すぼめ呼吸(おちょぼ口呼吸)】
器具を用いた呼吸筋の訓練【四肢・足の体操】
体全体の筋力訓練