ぜんそく | 葛飾区の呼吸器内科

久保島医院

〒124-0001
東京都葛飾区小菅2-25-10

お問い合わせ・受診予約 03-3690-2746

ぜんそく

ぜんそくとは

画像

ぜんそくは、正確には「気管支ぜんそく」といい、息苦しい発作が繰り返し起こる病気です。発作が起こると、のどの奥で「ゼーゼー」「ヒューヒュー」「ゼロゼロ」という音がします。さらに、咳が出たり粘り気のある痰が出たり、ひどい発作になると話が出来なくなったり、意識がなくなったりすることもあります。

私達が吸った空気は、のどを通って気管に入り、左右の気管支に分かれます。そこからさらに細かく枝分かれして、最後に肺に入ります。この空気の通り道を「気道」といいます。

ぜんそくの発作とはこの気道トラブルです。
まず、ある刺激をきっかけに気管支の周囲がぎゅっと縮まり、空気の通り道を狭くします。すると気管支の内側の壁も腫れてむくみ、さらにそこに痰が増えてからみつき、空気の通り道をもっと狭くしてしまいます。「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という音は、この狭くなった気管支を空気が通る音です。
もちろんいつもこのように息苦しい状態が続いている訳ではありません。
薬を使って発作を止めたり、自然に治ったりすれば健康な子供と変わりなく日常生活を送ることができます。
大切な事は、ぜんそくと上手に付き合いながら治療を続けることです。そのためにもまず、ぜんそくという病気について正しく知る事が大切です。

気道が常に炎症を起こしているため、敏感になっています

ぜんそくは、気道がとても敏感になっています。これを「気道の過敏性」と呼びます。
この過敏性の原因は気道の炎症です。ぜんそくは発作の時だけではなく、常に気道に炎症を起こしています。その結果気道の内側の皮がむけたり赤くはがれた状態になり、健康な何でもないようなちょっとした刺激…運動や冷たい空気、タバコの煙などに敏感に反応して発作を起こしてしまいます。
また、皮が剥けた所を治すように体が働きますが、これを何度も繰り返しているうちに皮の内側(基底膜)が厚ぼったくなり、さらにその外側の筋肉(平滑筋)も発作でぎゅっと縮む事を繰り返すうちに分厚くなってしまいます。
こうして気道の壁が分厚くなってしまうと発作が起きていなくても、空気の通り道が狭くなってしまいます。

ぜんそくではいったん発作を起こすと気道の炎症が悪化して、さらに敏感になり、今までよりも小さな刺激で発作が起こるようになります。つまり、発作を繰り返すたびに発作がますます起こりやすくなるという悪循環に陥ってしまうのです。
ぜんそくを悪化させる一番の原因は、発作そのものだとさえいえます。
悪循環を断ち切るためには、発作を引き起こしたときだけでなく、普段から発作を起こさないように注意し、気道の炎症をしずめるための治療を続ける事が大切なのです。

子供のぜんそくは、アレルギーが原因です

画像

細菌などの病原体が一度体の中に入ってくると私達の体は「抗体」というものをつくって戦いに備え、次に同じ病原体が体の中に入って来た時この抗体が病原体と戦い、体を守ります。
ところがアレルギー体質の人は、この戦いが体に害がないもの…ホコリ、ペットの毛などに対しても行われ、必要以上に大きくなり、近くにある自分の細胞も攻撃して、その部分に炎症を引き起こしてしまいます。これがアレルギー反応です。子供のぜんそくはこのアレルギー反応が原因と言われています。

ぜんそくの治療にあたって

ぜんそくの治療のポイントは「発作を起こさない事」
ぜんそくでは、いったん発作を起こすと気道の炎症が悪化して、さらに敏感になり今までよりも小さな刺激で発作が起こるようになります。この悪循環を断ち切るためには、普段から発作を起こさないよう注意し、気道の炎症をしずめるための治療が大切です。

ぜんそくは治る?

子供のぜんそくは統計的には15歳までに約半数が治るといわれています。
しかしいつまでも治らずに発作を繰り返す場合や、成人ぜんそくに移行する場合もあり、一概には言えませんが、治りにくい子には次のような特徴があります。

  • 発作がないからと治療をやめてしまう
  • 環境整備への取り組みが不十分
  • 指示通りに薬を飲まない

発作を起こさないための環境を整える

画像

ダニ、カビの好む環境はつくらないのがポイントです。
ダニは生体だけでなく、死骸やフン、脱皮した殻など全てがアレルゲンとなります。
カビはそれ自体がアレルゲンになると共に、ダニのえさになる事が大きな問題となります。

ペットの飼育

画像

毛のあるペットはぜんそくに良くない事が多いです。
ペットの抜け毛やフケはそれ自体がアレルゲンとなる場合もありますが、むしろダニのえさとなるのが問題です。 また、金魚や熱帯魚などはその点安心ですが、しかし水槽や水草、えさなどをしっかり管理しないと、ダニやかびを増やす原因となってしまいますので注意しましょう。

食事は、食物アレルギーがない限り、何を食べても大丈夫です

画像

食物アレルギーがない限り、ぜんそく児が食べていけない物はありません。
もし食物アレルギーの可能性があると感じたら、まず一度相談して下さい。アレルギーでも程度によって対処方法も異なってきます。
また、辛口のカレー、キムチ、辛味の強い中華料理など刺激物は、食べると発作になる事があります。

その他の発作の原因

  • タバコ、煙 (ぜんそく児の居る家庭では禁煙が絶対条件です)
  • におい (香水や化粧品などのにおいも発作のきっかけになることがあります)
  • 運動 (走ったりして息が乱れると発作の原因になる事があります)
  • 風邪 (風邪に引き続いてぜんそく発作を起こす事がよくあります)

薬による治療

ぜんそく治療では発作のメカニズムに沿って作用の違う薬が何種類も出されます。
ぜんそくの気道には常に炎症が起こっています。発作を起こさないためには普段から炎症をしずめ気道を広げる薬を積極的に使う事が重要です。
医師が出す薬はどれも安全で必要なものですので、勝手に減らしたりはせず指示の通りに飲みましょう。
副作用などが気になる場合は気軽にご相談ください。

「発作を予防する薬」と「発作を鎮める薬」

画像

ぜんそくの薬には、大きく分けると、毎日使う「発作を予防する薬」と、発作が起きた時に使う「発作を鎮める薬」の2種類があります。
医師からの指示に従って、間違えないように注意しましょう。

発作を起こした時の対処法

発作がしばらく起きていなくても気道の炎症は続いています。あわてないよう対処法を知っておく事と、発作が起こりそうな前触れが現れたら楽な姿勢をとるなど早目の対応を心がけましょう。

小発作 中発作 大発作
症 状 少しゼーゼー、ヒューヒューする、呼吸の時軽く肋骨の下や肋 骨の間、のどの下が引っ込む ゼーゼー、ヒューヒューがはっきり聞こえる、呼吸のとき、肋 骨の下や肋骨の間、のどの下が引っ込む、息苦しさを訴える ゼーゼー、ヒューヒューがひどい、息苦しい、横になると呼吸 ができない、顔色が悪くなる
会 話 普通 やや困難 とぎれとぎれ
食 事 やや不良 困難 できない
睡 眠 眠れる ときどき目を覚ます ほとんど眠れない

発作が起きたらまずすること

発作の原因から離れる
タバコや花火、ペットなどの発作原因が近くにあれば、まず離れます。
新鮮な空気にあたる
窓を開けて新鮮な空気を入れたり、外に出てみましょう。冬はマスクをして外に出ましょう。
上半身を起こし、楽な姿勢に
横になるよりも上半身を起こした方が呼吸が楽になります。えりの詰まった服はゆるめましょう。
水分補給
水分をたっぷりとると、痰が切れやすくなります。紅茶のカフェインは気管支を広げる作用があります。
腹式呼吸
呼吸するとき腹筋に力を入れると痰が出やすくなりますので、お腹をふくらませながら息を吸い、へこませながらはくという腹式呼吸を普段から練習しておくと良いでしょう。
排痰
大きく息を吸って咳をします。水分を取りながら行うと良いでしょう。マッサージ器を胸に当てたり、胸部を押しながら息をはくと痰が動きやすくなります。

こんな時にはすぐ救急車を!

  • 歩いたり話したりできない
  • 唇が紫色
  • 興奮して暴れる
  • ぼーっとしている
  • 薬を使ったが良くならない
  • 気を失う
  • うわごとを言う
  • 失禁(尿漏れなど)をする
  • 寝ていると呼吸が苦しいため、起き上がって呼吸する

発作が鎮まってもしばらく気管支は荒れた状態です

子供は、発作が鎮まると何事もなかったように元気になりますが、少なくとも半日は家の中で静かに過ごさせてください。
普通、小発作では1~2週間、中発作では2~3週間、大発作では約1ヶ月間は気道が酷く荒れていて発作を起こしやすいと言われています。医師の許可が出るまでは薬をやめないようにしましょう。